ブルーベリーの品種

果物

最適な品種はどれ?

ブルーベリーには主に3つの品種があります。ノーザンハイブッシュ系やサザンハイブッシュ系、またラビットアイ系があります。それぞれに特徴があり、栽培に適した環境も違います。ブルーベリーを栽培する際は、どの品種が自分に合うか考えて選ぶようにしましょう。

ノーザンハイブッシュ系

ノーザンハイブッシュ系のブルーベリーは元々寒い地域に生えていた野生種が品種改良されたものです。そのため、低い気温には強いという特徴があります。その反面、高温や乾燥には弱いので、日本国内では、関東地域よりもさらに北に位置する地域で栽培するのに向いています。

サザンハイブッシュ系

暖かい地域でもブルーベリーを栽培できるようにするために、ノーザンハイブッシュ系をさらに改良した品種がサザンハイブッシュ系になります。こちらの品種は高温にも強くなっているため、日本国内だと最も南に位置する沖縄でも栽培することが可能です。

ラビットアイ系

こちらの品種も温暖な地域で育てることができます。ラビットアイ系の特徴は土壌の適応性の広さにあり、砂質土でも粘質土でも育てることができます。そのため、このラビットアイ系のブルーベリーはノーザンハイブッシュ系とサザンハイブッシュ系の2つよりも収穫量が多く、人気な品種です。

品種選びでより楽になります

ブルーベリーを栽培する際は育て方も大事なポイントですが、その前にどの品種を選ぶかによってその後の栽培の快適さが変わってきます。また、その品種が自分の育てる環境に最適ならばより美味しい実ができます。

広告募集中